チリも積もれば。。。

がけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『プロセスに目を向ける』というお話でした。
今回は、『チリも積もれば。。。』というお話です。

昔から、「チリも積もれば山と成る」という言葉があります。

『チリ』も放って置くと、どんどんと降り積もって、
『山』の様になってしまうという事です。

意味で言うと、小さな事でも積み重ねていく事で、
大きな山の様な事になる。

という意味です。

普段の中で使われている意味合いだと、
常日頃から処理しとかないと、
大変な事になっちゃうよ~~~という時に、
使っています。

身体は休みを求めているのに、
まだ大丈夫と動き続けたり。。。

本当は悲しいのに、笑っていたりとか。。。

ほんとは言いたい事があるのに、
抑え込んで飲み込んでしまったり。。。

いつも何気に上がってくる『思考』や『感情』、
『感覚』や『予感』。。。

それらを無視して、周りに対してばかり
気を遣ったり、合わせる事に必死だったり。。。

全然、見向きもしなければ聴き入れもしない。。。

聴いてあげたなら、ほんとは些細な事かも
しれないのに。。。

本当は、ちょっとだけ意識を向けて欲しいだけ
かもしれないのに。。。

そんな、ちょっとした思いや想いすら、
聴かずに向き合う事もせずに、
我慢させ抑え込んでばかりいると、

聴いてもらえない、向き合ってもらえない、
抑え込まれる、裏切られる。。。

そんな思いや想いが、
本来の思いや想いに『加算』されて、
『怒り』や『憤り』、『かなしみ』や『寂しさ』を
『増幅』させてしまいます。

『チリも積もれば。。。』

その時その時に処理していれば、
どれだけでも対処できる程の思いや想い。

それが『加算』された思いや想いが増え、
さらに『増幅』され続けるので、
自分でも手に負えない状態になります。

そんな状態に陥らない為には、
日々の中で溢れ出てくる思いや想いを
受け取ってあげる事が必要になります。

実際に外へ出せるのであれば、
出せた方がいいのですが、
色々で出せない場合でも、
自分自身は向き合い聴いてあげる事が
大切です。

『チリも積もれば。。。』

日々、意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ