単純に遊んでみる

お気楽

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!(^▽^)/

前回は、『留まるよりも進む』というお話でした。
今回は、『単純に遊んでみる』というお話です。

子供の時は、誰もが無邪気に遊んでいたと思います。

ヒトによっては、そんな記憶が無い方も
おられるかもしれません。。。

そんなヒトでも、物心が付く頃までは
無邪気で居られたと思います。

子供は、いつでも真剣でフルスロットルです^^

全力で遊び、全力で感じ、全力で考えています。

それが時が経つにつれ、色々な記憶と経験をする事で、
ある意味『加減』が付き始めます。

自分自身で付ける場合もあれば、
近しい存在からの何らかの理由で付けられたりもします。

行動をする事、言動を発する事、、、

何をするにも、『理由』や『説明』が必要になったヒトも
居るのではないでしょうか。。。

幼少期の時であれば、多少の無茶ぶりをしていても、
微笑ましく温かく見守ってくれていた両親。。。

多少の我が儘を言っても、叶えようとしてくれたりも
したかもしれません。。。

年齢を重ねるごとに、それらは減っていったかも
しれません。。。

『我慢』する事を知り、『報酬』という条件を付けられ、
思考して、自らが責任を持って行動や言動を
しなくてはいけなくなります。。。

周りに配慮して、気遣い思いやり、
状況を把握して役割を果たす。。。

色々な事情に振り回されたり、、、

様々な状況にも立たされているかもしれません。。。

どれもが、
「しなければいけないコト」なのかもしれません。

どれもが、
「しかたのないコト」なのかもしれません。

それらを手放すわけにはいかないかもしれませんが、
時には、ほんのちょっとの時間でも構わないので、

『単純に遊んでみる』

のも、いいかもしれません。

遊んでいる時は、子供の時の様に無邪気になって、
真剣に遊んでみる!

何もかもを忘れて遊ぶことに集中したなら、
ほんの少しの時間でも、
とても『リフレッシュ』出来ます。

『遊ぶ』時は、『遊ぶ』事だけに集中しましょう!

集中してもしなくても、
「しなければいけないコト」は逃げないし消えません!

『単純に遊んでみる』

意識して時間を創ってみてくださいね!

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ