相反する思いや想い

波紋

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『幸せを感じ想うコト』というお話でした。
今回は、『相反する思いや想い』というお話です。

ヒトの中には、時として『相反する自分』が現れます。

『情熱』と『冷静』の間にという映画も在りましたね。

『喜び』がたくさん現れると、
『不安』が後から追ってくる。。。

『かなしみ』に呑み込まれていても、
『笑顔』が出てきてしまう。。。

いつまでも、喜んでは居られないし、
いつまでも、かなしんでは居られません。。。

ヒトツの事に集中したいのに、
色々なモノコトが溢れ出す。。。

何かを極めようとしているのに、
思えば思う程に周りが気になる。。。

どうして『矛盾』が生まれるのでしょう、、、

『矛盾』の話は有名ですね。

どんな槍でも矛でも突き通せない『盾』。

どんな屈強な盾でも突き通す『矛』。

さあ、この両者が対決したら。。。

という感じのお話ですね。

さて、どうなるのでしょう、、、

『完全無欠』のシステムで対決させたなら、
決着は付かず、そのまま止まらなければ、
両方ともに破壊されてしまうでしょう。。。

きっとヒトが手に持ち対決させたなら、
『プラスα』が加算され、
どちらかに軍配が上がります。

そう、そこには『想い』や『思い』が
入ります。

それらが強い方が『選択』されます。

または、自らが状況や状態で『判断』し
『選択』した方になります。

『相反する思いや想い』

が現れるのは、このためです。

どちらか一方を『完璧』な存在にしようとすると、
『バランス』は成立しません。

どちらかに『偏り』過ぎると、
『バランス』は崩れます。。。

『相反する思いや想い』

が現れるのは、『牽制』し合う為です。

『牽制』する事で『抑制』が出来ます。

『抑制』する事で『バランス』が取れます。

どちらも『大切』で、どちらも『大事』です。

両方ともに感じ観る事が大切です。

『相反する思いや想い』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ