報酬型のワナ

磁石

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『外発的と内発的』というお話でした。
今回は、『報酬型のワナ』というお話です。

私達の住んでいる『社会』の仕組みは、
ほとんどが『報酬型』です。

何かしらを提供した代わりに、
何かしらの『報酬』を与える。

提供するモノは、『時間』だったり、『身体』だったり、
『情報』だったり、『価値』だったり。。。

色々なモノ・コト・ヒトに関する事だったりします。

中には、一般的には意味や価値が分からない様な、
骨董だったり、マニアックなモノもあります。

それこそ、モノ・コト・ヒト以外にも、
行為であったり、精神的であったりする場合もあります。

その先の未来に、何らかの『報酬』が有ると、
ヒトのモチベーションが維持されたり、
テンションが上がり効率や能率が確かに上がります。

ましてや、そこに『他者比較』や『他者評価』が加われば、
より一層の向上も望めます。

他者との『競争』が激化して、行動力も発信力も、
どんどんと上がります。

目に見える『量』や『質』、『価値』や『地位』を
『報酬』として与える事で、人々はこぞって頑張ります。

教育システムにしても、社会形態にしても、
ほとんどが『報酬型』で出来ています。

これらのシステムによる『弊害』や『副作用』は、
ヒトをヒトとして見れなくなったり、
目に見える『何かしら』で等級づけをしたり、
差別をするなどの、
ヒトの中に在る『エゴ』が剥き出しになる傾向が
出てしまうコトです。

意図的にしろ、無意識にしろ、
自分よりも、『劣る』『価値がない』『弱者』を
探して比べる事で自身を安定させようとします。

何かしらの『成功』と言われるモノ・コト・ヒトに
成ったとしても、『報酬型』で得た『成功』の場合、
『比較』や『評価』、『価値』や『人気』などという
『他者』からの目や意識が気になり、
いつまで経っても『安心』が手に入りません。

目に見える何かしらの『報酬』をずっと得続けないと
居られなくなってしまいます。

『報酬型のワナ』

それは、欲しても欲しても得られても得られても、
一向に『満足』にならないという事です。

自らが自らで喜べる、愉しめる、
モチベーションが維持される様な、
『モノ・コト・ヒト』『行為』『精神性』を
判断し選択できるように成る事が大切です。

自らが自らだけに与える『報酬』であれば、
どれだけ在っても構いません。

『報酬型のワナ』

あなたは、ハマってはいませんか?

よろしくお願いします!^^

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ