有り難いコトだと気づく

虹

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『平常心を保つ』というお話でした。
今回は、『有り難いコトに気づく』というお話です。

日々、生きていれば色々なモノコトも起こるし、
様々な思いや想いにも溢れます。。。

自身にとって、よいモノコトや想いや思いもあれば、
自身にとって、よくない事も起こります。

すべてが自身にとって、よい事ばかりなら、
ストレスも嫌な感情も思考もしなくて済むと思うかも
しれません。

ヒトによっては、あまりにも多くの『マイナス』や
『ネガティブ』な事ばかりで、
「なんで!私ばっかりっ!!!」と、
思っているヒトも居るかもしれません。

感情で言えば、『喜怒哀楽』の、『怒』と『哀』しか
無い人生だと思っておられます。。。

しかし、感情というのは『喜怒哀楽』で一式です。

どれかばかりに、ずっと偏っている事は不可能です。

無理に偏った状態を維持していると、
心身に影響を与えます。

そうならない様にも、自分の中の『生命維持装置』は、
『喜怒哀楽』を感じる様にしています。

しかし、偏ってしまっているヒトの『思考』は、
ものすごく狭くて固い意識に囚われているので、
『喜』や『楽』を感じにくくしてしまいます。

いつも意識を向けてしまう『怒』や『哀』の方が、
比率が大きい様に感じてしまい、
「それに比べたらこんな事なんて、、、」というふうに
なってしまいます。

一瞬でも喜んでしまった自分や、
一瞬でも楽しくて笑顔になった自分が、
逆に許せなくなり責めたりします。

そんな状態に陥らない為には、日々のどんな事でも、
起きてくれている環境や状況、状態に対して、

『有り難いコトだと気付く』

事が大切です。

何かしらの出来事やモノコトが起こるというのは、
とても『有り難い』事なのです。

それらを『刺激』にして、色々な事を感じたり、
考えたり出来る事も、実はとても『有り難い』事です。

感情を出せるコト、表現できる事、思考が出来る事。

どれもが、とても『有り難い』のです。

『有り難いコトだと気付く』

意識して観てくださいね!

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ