判断材料を増やす

 

Lock

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『今に生きる』というお話でした。
今回は、『判断材料を増やす』というお話です。

日々、生活していれば色々なモノコトが起きます。

そのたびに、意識的であれ無意識であれ、
なんらかの『判断』をして『選択』をしています。

過去からの『データ』と『記憶』、『経験』と『感覚』を
使って『検索』し、類似した出来事や情報を
集めて来ます。

無意識の領域では、とても膨大な『モノコト』を
集めていますが、意識では限られた『情報』に
絞られてしまいます。

あまりにも多い情報を処理していては、
瞬時に『判断』と『選択』が出来なくなるからです。

なるべく『省略』し『簡略化』する事で、
『処理速度』を上げています。

毎回、毎回、おこなっているモノコトや、出来事、
思考などは、『カテゴライズ』してあります。

思考にしても感情にしても、感覚や刺激にしても、
『カテゴライズ』してあります。

そうする事で、『自動処理』が可能になり、
瞬時の『判断』と『選択』が可能になります。

逆に言えば、意識に上がることなく、
無意識下で勝手に処理され、
『判断』も『選択』までも、
『自動化』されているという事です。

毎回、苦しんでいれば苦しみを、、、

毎回、悩んでいれば悩みを、、、

毎回、痛い思いをしていればその状態を

『判断』させ『選択』させられています。

そんな『負のスパイラル』であったり、
『ネガティブサイクル』をやめて、
違う状態に切り替えたいのであれば、

『判断材料を増やす』

事が必要です。

無意識レベルで『自動化』されている
『判断』や『選択』に意識を向けて、
無自覚な状態から『自覚』し『把握』している
状態にする事が先決です。

無意識レベルでしてしまっているモノコトは、
『クセ』であったり『習慣化』されているモノコトです。

考え方のクセや感情のクセ、
思考の習慣や思い込みの習慣。。。

色々なトコロに無意識の『自動化』は在ります。

『判断材料を増やす』

その為の意識化する習慣を身に付けましょう。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ