溜めるよりも放つ

滝

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『すべては自分から』というお話でした。
今回は、『溜めるよりも放つ』というお話です。

ダムは、上流からの水を堰き止めて溜めてあります。

一定量の水を溜めておく事で、洪水調整や水資源の確保、
発電や河川環境の保全などに役立っています。

といっても、ずっと溜めっぱなしになっている訳では
ありません。

定期的に放流をしています。

大雨前などには、見込み降水量に合わせて放流したり、
溜めてある水の水質保全や、底に溜まった土砂やヘドロの
除去の為の放水もあります。

放流しないままにしておくと、水は澱み腐ります。。。

水が腐ってしまっては、生態系や環境にも、
影響が出てしまいます。

つまりは、ダムの中の水だけではなく、
周りにも影響を及ぼしてしまうという事です。

これは、ヒトの感情や思考、思いや想いにも
当てはまります。

ずっと抑圧して、自身の中に溜め込んでいれば、
濁り初めて、澱み出し、やがては腐敗し、
自身のなかを侵食し始めてしまいます。

それでも放置していると、自身に最も近しい存在から
影響が出始めます。

自身の中の事を外部に放つ事は『イケナイコト』だと、
思い込んでしまっているヒトは、とても危険です。

せっかく周りに迷惑を掛けまいと、自身を抑圧し、
溜め込んでいると、どんどん内部で腐敗して、
周りに影響を与えてしまいます。

それでは、『本末転倒』です。

『溜めるより放つ』

意識して初めから放つ事をしていれば、
濁りもしていないし、澱んでもなく、腐敗など
一切していない状態で放つ事が出来ます。

もっとも気を付けなければいけないのは、
自分自身の『クセ』や『習慣』です。

『溜め込みグセ』や『抑え込む習慣』などは、
ありませんか?

『溜めるより放つ』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ