すべては自分から

波紋

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『大切にするという事』というお話でした。
今回は、『すべては自分から』というお話です。

日々、生活していると色々な出来事が起こります。

望んでいたモノコト、欲していたモノコト、求めていたモノコト、
それらと反対に位置するモノコトだって、起こります。。。

それら出来事が起こった時、『出来事』だけではなく、
それに伴った『感情』や『思考』も出てきます。

『喜怒哀楽』という感情。

それに伴う様々な思考や記憶、感覚。。。

それによって、気分も体調も一瞬にして変わってしまう事も
あります。

とても嬉しい事や楽しいコト、喜ばしい事を知った時や、
感じた時などは、それまで元気が無かった時でも、
その話を聴いた途端に元気が出る時もあります。

反対に、とても元気だったのに、不幸なコトや不安な事を
聞いたり感じたりした途端に、一気に凹む時もあります。

そんな時は、ついその『出来事』に対してや、
係わった周りに対して、憤りや怒りを感じてしまいます。

「~~~さえなければ。。。」

「あの人のせいで。。。」

「言われた言葉のせいで。。。」

「態度で。。。」

「表情で。。。」

などなど、周りやヒトのせいにしてしまいがちです。。。

それが自身にとって、よくない出来事で在ればあるほど、
強烈になってしまいます。

そんな状態に囚われたままでは、
それらと全然関係のないモノコトにまで影響を与えて
しまいます。

そんな状態に陥らない為には、常日頃から、

『すべては自分から』

という意識を持って生活をする習慣を付けると
いいと思います。

よきモノコトであろうと、あしきモノコトであろうと、
その次の『行動』や『言動』、『感情』や『思考』等を
判断して選択しているのは、『自分自身』である事を
いしきしてみましょう。

きっと、判断するモノも選択するコトも変わっていきます。

『すべては自分から』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ