自らの矛盾に気づく

波紋

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとございます。

前回は、『『事実』に向き合う』というお話でした。
今回は、『自らの矛盾に気づく』というお話です。

ヒトは何かしらの『アクション』を起こそうと思った時、
『やる気』と同時に『不安』を感じる事があります。

そのモノコトが人生に影響を及ぼす程ならば、
なおさらに大きな『不安』が『やる気』と一緒に出てきます。

そんな『不安』が現れた時に、『消極的』になったり、
『守り』にばかり意識が行ってしまうと、
『失敗』を恐れて避ける様な『アクション』しか
起こせなくなります。

そうなると、ある意味、『無難』な状態には出来るかも
しれませんが、自身が望んでいた様な『結果』は
全然得られません。

ある程度の『カタチ』を取れたとしても、
それを『守る』事に意識が行ってしまい、
『現状維持』をする事に必死になります。

常に『カタチ』が壊れるかもしれないという『恐怖』に
苛まれながら、日々生きていく事になってしまいます。

守る事、維持する事に疲れてしまい、
わずかに在った『やる気』も無くなります。。。

それでは『本末転倒』になってしまいます。

人生の中で、こんなシチュエーションを
してしまいがちなのが『転職』です。

『今までの人生』を変えたくて、『今まで』のモノコトを
棄てて、『心機一転』する為にと『職』を変える。。。

『今までの人生』を変えたくて、『今まで』の地位や
立場を棄てる。。。

そうする事で、心身共に『再出発』が出来ると
信じ込みたいという思いから『転職』や『自営』を
始めるヒトも居ます。

ここでやりがちなのが、『今まで』から変わりたくて、
『転職』であれば、『今までの職種』では無い、
それこそ『畑違い』の事を始めたり。。。

『自分に素直に!』と、好きなコトで『仕事』を
始めようとします。

やった事も経験も無い事をやり始めるのですから、
当然、『不安』も『恐怖』もあります。

当然、『失敗』だらけにもなるし、
『挫折』や『凹み』なんて日常茶飯事です。

それでもなお、進める『チカラ』を手に入れるには

『自らの矛盾に気づく』

事が大切です。

この世のあらゆるモノコトは、物質であれ精神であれ
『一対』で出来ています。

『プラス』が在れば『マイナス』も在ります。

『ポジティブ』に考えれば『ネガティブ』も
もれなく付いてきます。

どちらかだけに決めようとするのではなく、
どちらも『在る』のだという事に気づいてあげる事が
必要です。

『自らの矛盾に気づく』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ