誰もがヒーローになりたがる

ヒーローjpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自分が纏っているモノに気づく』という
お話でした。
今回は、『誰もがヒーローになりたがる』という
お話です。

子供の時の夢に、『ヒーロー』と書いたり、
言っていたヒトも居るかもしれません。

昨今は、女の子向けのアニメでも『ヒロイン』が
戦う戦士のアニメがあります。

戦隊モノでも、女の子がもれなく入っています。

男の子も女の子も、

『誰もがヒーローになりたがる』

という事です。

「みんなは自分が守るんだっ!」

「悪は絶対に許さないっ!」

「正義は勝ぁつっ!」

などなど、素敵で素晴らしい『大義名分』を
掲げる事で、より『ヒーロー感』が増します。

「強い自分!」「頼もしい自分!」「かっこいい自分!」

みんなを守れているという『実感』。。。

最高潮に酔いしれる事が出来ます。

その為にも、『絶対的な悪』の存在が必要になります。

中途半端な『悪』では、価値がありません。

誰もが見ても、『絶対的な悪』を造り出す事で、
『絶対的な正義のヒーロー』になれます。

強くて勇敢で頼もしくて優しくて寛大で。。。。。

誰もに認められる賞賛される『ヒーロー』になれます。

『正義と悪』はもれなく『セット』です。

どちらかが『正義』を掲げれば、自動的に相手は
『悪』に見なされます。

沢山のヒトが、その相手を『悪』だと言えば、
完全な『悪』としか扱われなくなります。

そんな状態で、その『悪』の肩を持てば、
そのヒトは『洗脳』を受けたか『騙されている』と
思われ、そのヒトを救い出そうと考えます。

『正義のヒーロー』である自分は
自身の勝手な『解釈』でそのヒトを救い出そうとします。

「善かれと思って!」の精神で活躍します!

救い出そうとした時、そのヒトが抵抗に抵抗を重ねたなら、
「もう手遅れだったか!」と考え、『悪』という対象にします。

『悪』に染まった者達を『殲滅』するのが、
『ヒーロー』の務めです!

「もう二度と同じ様なヒトを出さないぞっ!」

と、強く思いながら泣く泣くそのヒトを殲滅するのであった。。。

つづく!!

『誰もがヒーローになりたがる』

その思いの陰には、もれなく『悪』という対象にされる
モノ達が居ます。

何を持って、何を基準に、何を評価し比較して、
その者を裁いているのか!?

『正義の味方』って、なんだろう。。。

『ヒーロー』って何?

あなたは、何かの『ヒーロー』ですか?

それは何の為ですか?

あなたのメリットは何ですか?

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ