時系列に観る

時間

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自らを解放してみる』というお話でした。
今回は、『時系列に観る』というお話です。

時間は常に流れています。

日々の生活も時間と共に流れています。

起きているモノコトというのは、一見同じ様に見えていても、
リアルで観たならば、全然違っているモノコトが起きています。

同じ様に感じてしまうのは、自らの『事象認識プログラム』が
細かい部分を省略して、類似記憶や酷似情報と照合して、
ある意味、大雑把に『同じモノコト』として、自分の中に、
ファイリングするからです。

過去に経験した類似記憶や酷似情報が多ければ多いほど、
今起きたモノコトでも、過去のモノコトと『同じ』だと判断して
しまいます。

それによって、さらに『それら』の記憶や情報が強化され、
さらに『同じようなモノコト』を引き寄せます。

それによって、『パターン化』された日々の中に
囚われた生き方になってしまいます。

そこから抜け出したいと強く思えば思うほど、
強化された記憶と情報が行く手を遮ります。

そんな状態を繰り返していては、記憶や情報を
より強化する事になります。

『無限ループ』に取り込まれてしまい、
『負のスパイラル』から抜け出せません。

そんな状態から本気で抜け出したいならば、

『時系列に観る』

という事が必要です。

『時系列に観る』というのは、
『そのまま』を『そのまま』に時間を追って
観るという事です。

そこには、過去からの記憶や情報、
思考や感情をはさまない事が重要です。

あくまでも『客観的』に、『他人事』の様にして
観る事が大切です。

起きた『事実』、起こっている『モノコト』『事象』、
それらを『主観的』に見るのではなく、
経過を追いながら、『客観的』に観るコト。

そうする事で、『過去の記憶や情報』に
囚われにくくなります。

『時系列に観る』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ