自分の感性を磨く

日差し

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自分をみつけるには』というお話でした。
今回は、『自分の感性を磨く』というお話です。

日本人の『感性』はとても素晴らしい才能です。

日本人の『感性』のスゴイのは、『虹の色』であったり、
『和名の色見本』を見ると分かります。

日本人の色彩感覚は、他の国の人と比べてると、
格段にグラデーションの幅が違っています。

他にも、日本庭園や生け花など、空間を読み取る力にも
長けています。

『侘び・寂び・粋』な想いを持っているのも『感性』の
成せる技です。

それほどスゴイ『感性』が私達日本人の中には
刻まれています。

が、しかし。。。

昨今は、パソコンやスマホ、テレビなどの液晶画面や
モニターばかりを見る事が増えています。

それによって、視力も低下して色彩感覚も劣化して
細かなグラデーションを感じる事が出来なくなっています。

文明の利器にドップリとハマっているので、
四季を愉しむ事や天気や気温を感じる事も
忘れてしまっているヒトも少なくありません。

『目の前』のモノコトに追われていたり、
必死になっていたり、焦っていたり。。。

日々の暮らしの中に『気持ち』が追い付いていない
ヒトも多く観られます。

あらゆる事に『余裕』や『ゆとり』が無くなっているので、
『遊び』や『ユーモア』を持つ事が出来ていません。

それでは、その『場』や『空間』はピリピリしてしまい、
上手くかみ合わなくなったり、循環が滞ってしまいます。

そんな状態では、そのヒト本来の『魅力』や『才能』も
発揮できないだけでなく、周りに失望させかねません。

そんな状態にならない為には、

『自分の感性を磨く』

必要があります。

『感性』を磨くには、自然のモノたちに触れたり、
愛でる事が何よりの特効薬になります。

日本人は元々から、『自然と共に生きる』民族でした。

だからこそ、春を告げる『桜の開花情報』がニュースに
なるのです。

皆がこぞってお花見や写真撮影にハマるのです。

私達、『日本人の魂』を今一度磨き直しましょう!

『自分の感性を磨く』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ