継続して行くには

original

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『フラットで在り続けるには』というお話でした。
今回は、『継続して行くには』というお話です。

森は、長い年月を掛けて創られます。。。

いきなり出来上がる訳ではありません。。。

大きな大きな大木でも、【始まり】は在ります。

びっしりと生え揃ったコケ類や下草達にも、
【始まり】は在ります。

どれもに【始まり】が在ります。

【始まり】は、どれもか細く脆い、
小さな小さな根と株です。。。

ちょっとの衝撃や刺激で、
簡単に壊れてしまいそうです。。。

その環境や状況に馴染むまでは、
とても過酷だと思います。。。

ヒトであれば、そんな時、、、

もしかすると、、、

諦めたり、挫折したり、逃げたり、
恐怖で動けなくなるかもしれません、、、

もしかすると、、、

自分なんかがやらなくても、
誰かが代わりになるのでは!?と、
思うかもしれません、、、

森は、沢山の種類の植物や、
菌類、微生物や虫、動物達によって、
形成され創られていきます。

決して、単一種だけで
育つわけではありません。。。

色々な様々な種類の植物と、
菌類、虫、動物達が共存し合う事で、
少しづつ大きな森へと変わっていきます。

『継続して行くには』

やがて形成される【森】をイメージして、
目の前のモノコトヒトに囚われたり、
ハマるのではなく、
さらに先を観ながらも、
【今】を精一杯に生きる事です。

夢ばかり見て、今を見ようとしない。。。

そんな感覚では、
【継続】し続けて行くのは、
とても難しいと思います。。。

『継続して行くには』

自分ひとりで抱え込まずに、
周りを頼り、信じて、発信し、
自らも放って行く事が大切です。

あなたは、

『木を見て、森を観ず』に、
なってはいませんか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “継続して行くには”

  1. 通り雨 より:

    共存してこそ森は成り立つ

    依存では森は成り立たず

    助け合いながら
    かつ
    迷惑掛け合いながら
    お互いさまで
    森はできる

    わたしにとっての森は
    なんだろうか…?

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      そうですね。
      共存する事で、共栄出来ます。
      依存では破滅が訪れますね。
      お互い様と【合い(愛)】ですね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ