自らが流れに乗るという事

そら

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自分が自分を見失わない為には』
というお話でした。
今回は、『自らが流れに乗るという事』という
お話です。

朝日が昇り、夕日が沈み、夜が来て、
再び朝が来る。。。

明日は止まる事なく、やって来ます。。。

仮に明日が来ない状況になったなら、
地球上のあらゆるモノは
生きてはいられない状況になっていると
思います。

【時】も同じです。

止まる事無く、刻々と時を進めています。

その中で生きているヒトも、
同じ様に止まっている事は出来ません。

【停滞】していたり、
同じトコロをぐるぐると巡っているヒトは
居るかもしれません。。。

それでも、止まっているのではなく、
毎回、それを選択しているという事を、
自分自身が気づいていないだけです。

自身がどれだけ留まっていようとしても、
細胞や心臓などの臓器、、、
呼吸や発汗などの身体的なモノ、、、
思考や感情も動き続けています。。。

のども乾いて来るし、腹も減ります。。。

決して、ヒトツドコロに止まっているという
状態は維持できません。

同じ様な状況や状態、
代わり映えしない毎日であっても、
その状態を毎回、
選択しているのです。

『自らが流れに乗るという事』

それは、、、

日々の暮らしの中で、
どれだけ意図的に、
いつもと違うアクションを
起こせるかで決まります。

自身が刺激を受けているモノ、、、

自身が判断するコト、、、

自身が選択している思念、、、

自身が決め込んでいるコト、、、

などを意図的に変えて行く。。。

そうする事で、
【流れ】は確実に変わります。

あらゆる【流れ】は、
今も辺り一面に流れています。

その様々な【流れ】から、
どの【流れ】に乗るのかを、
判断し選択し決めるのは、
【自分自身】です。

あなたは、どんな【流れ】に
乗りたいですか?

意識して変えて参りましょう!

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “自らが流れに乗るという事”

  1. 通り雨 より:

    >自身が刺激を受けているモノ、、、

    自身が判断するコト、、、

    自身が選択している思念、、、

    自身が決め込んでいるコト、、、

    流れを変えたいなら
    スタートは
    起こりうる
    自分の感覚や想いを一秒単位で 認めてくことからですね…(*´-`)

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      そうですね。
      自身の中に在る様々な思いや想い。
      気付いてあげる事。
      とても大切ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ