密度の濃い時間を創る

酸素カプセル

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『繰り返しているのは誰?』という
お話でした。
今回は、『密度の濃い時間を創る』というお話です。

画像は『酸素カプセル』です。

知り合いのお店の画像を拝借しました。m(__)m

カプセル内の気圧や
酸素の濃度を変えた中に入る事で、
疲労回復や治療促進などに
効果を発揮します。

身体中に酸素を取り込みやすくする事で、
自身の活性化も促進される機械です。

他にも、色々な方法や器具もあります。

『密度の濃い時間を創る』

それこそ、ヒトそれぞれで、
美味しい食事をする事や、
楽しい会話を愉しんだり、
誰かと共にすごす時間だったりもします。

その時間が、自身にとって
【濃密】で【満足】が得られるならば、
何よりの自身の活性化に繋がります。

どれにしても、自らがアクションを
する事で得られます。

自身から誘う事も大切だし、
誘われた時にどうするのかも
大切です。

器具や機械等であれば、
自身が受けに行かないと
活用できません。

そして、何よりも重要なのが、
自らがそれらを使って、
どうなりたいのか、、、
どうしたいのか、、、
どう在りたいのか、、、
などを明確に持っている事です。

「なんとかしてくれるはず、、、」

と、『他力任せ』で居ては、
何を使っても、
誰と居ても、
何を食しても、
何を受けても、
何の変化も起きなければ、
活性化もしません。

一時、なんとなく、
そんな様な気になるだけであって、
根本的には何も解決していません。

『密度の濃い時間を創る』

それにはまず、
自分自身が積極的になる事が
最優先事項です。

「何のために!」

意識して創って参りましょう!

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “密度の濃い時間を創る”

  1. 通り雨 より:

    「積極的」より、もう少しハードル下げて
    「能動的」くらいの感じでいこうかと思いますっ(^^)/

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      そうですね^^
      自身が一番心地よい状態から
      始めるといいですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ