無条件の愛を受け取る

手つなぎ

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『期待通りを欲しない』というお話でした。
今回は、『無条件の愛を受け取る』というお話です。

大自然の中で暮らす動植物達は、
『無条件の愛』の中に居ます。。。

もちろん、食物連鎖もあるし、
縄張り争いなどもあります。。。

カッコウの様に、他の鳥の卵を落として、
自分の卵を産んで育てさせたりする生き物も
居ます。。。

それでも、そこに『条件』は存在しません。

どれもが『無条件』で、『自然な事』です。

それが『流れ』であり、『生きる』こと、
『死』を常に感じているという事です。

ヒトは、脳がとても発達しました。。。

おかげで、色々な便利なモノ・コトを
開発し改良し、快適な暮らしを出来る様に
なりました。。。

『思考』をするコトに長け、
『勘ぐる』コトや『探る』コト、、、

『分析』や『シュミレーション』をする事、、、

『想定』したり『裏を読んだり』、、、

色々なモノ・コト・ヒトに対しても、
『条件付き』になっています。。。

自身も相手も、
何かしらの【メリット・デメリット】を
もれなく持っている様にも、
思っているヒトも多く居ます。。。

「何かをしなければ与えられない」。。。

「何かを持たなければ優秀ではない」。。。

「何かを見せないと承認されない」。。。

などなど、【見える化】にこだわります。

そんな状態では、
いざ『無条件の愛』を差し出されても、
色々考えて身構えてしまい、
受け取る事が出来ません。。。

「ぜったい、何かが有るはず!」と、
警戒するか、疑心暗鬼になります。。。

そんな状態では、
せっかくの『無条件の愛』も、
その時点で台無しになります。。。

大自然であれば、
太陽の光の如く、、、
空気の如く、、、
いつでも誰にでも、、、
どこにでも、、、
『無条件の愛』は注がれます。

対ヒト同士では、
どちらか一方がバランスを崩す事で、
『無条件』は簡単に壊れます。

『無条件の愛を受け取る』

日ごろから、意識をして、
自分自身に向けて、
『無条件の愛』を注いでみましょう。

自分に何かを課していないか。。。

自分に何かを要求していないか、、、

自分を抑え込んではいないか、、、

何かしらの『条件』が、
そこにないかを探して観ましょう。

『無条件の愛を受け取る』

与えられる機会があれば、
『無条件』で受け取りましょう!

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “無条件の愛を受け取る”

  1. 通り雨 より:

    なにか特別なことがあったわけではないのに

    ふと、なんだかわからないけどなんとなく
    「自分は生かされてるんだなあ…」とありがたく思えたとき

    無条件の愛を受信中なのかな?

    と思うことがあります。

    • うえる より:

      そうですね。
      ふと、感じるモノ、、、
      それは何かしらのナニカを
      受け取っているのでしょうね。^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ