自らが自らを満たす術を知る

波紋

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『あなたを突き動かしているモノ』というお話でした。
今回は、『自らが自らを満たす術を知る』というお話です。

ヒトには、それぞれにそれぞれの『満足』があります。

食で満たすヒトも居れば、趣味で満たすヒトも居る。。。

それこそ、ヒトから見れば、「そんなコトで!」と、
思う様なモノコトでも、そのヒトにとっては
『満たされる』モノコトだったりもします。

ここで、間違ってはいけないのが、
何かの『不足』や『不平』『不満』を解消する為に
する行動や行為では無いという事です。

または、誤魔化す為や抑え込む為のモノでも
ありません。

これでは、『代替え品』を用意しているだけなので、
『一時しのぎ』にしかなりません。

『代替え品』や『一時しのぎ』では、
すぐにより大きな『不平』『不満』が出て来ます。

そして、再びそれらを繰り返していると、
どんどんとエスカレートしてきます。

『足りない』がベースになっているので、
慣れてくれば簡単に『足りない』になります。

その末路は、『もっと!もっと!』
『足りない!足りない!』になります。

そんな状態に在ると、
周りがうらめしくなったり、
敵の様にしか感じれなくなります。

比較する事や批評する事、
非難する事ばかりが目につくようになります。

そんな状態にならない為には、

『自らが自らを満たす術を知る』

事が必要になります。

自分自身で満たせるモノコトや、
他者とによって満たされるモノコトでも
構いません。

もちろん、その際には、
対するヒトの了解を取るのは当たり前です。

勝手に巻き込んでは、
それは単なる我が儘だし自分勝手です。

『自らが自らを満たす術を知る』

自分自身と向き合って観てあげてくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ